ここから本文です。

施設・屋外・店舗照明総合カタログ 2023 A5-A6(6-7)

概要

  1. Introduction
  2. カタログ表示の見方
  1. A5
  2. A6

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
A5商品仕様の説明主な機能や用途を表示しています。器具選びの目安としてご参照ください。1器具選択の基準となる主な機能や特長使用している光源と、使用している数量などを表示しています。温度試験、変形・変色試験、熱衝撃試験など、品質安全には十分注意した設計・製作ですが、危険防止のため表記している形数以外のランプはお使いにならないでください。2使用光源ホームページや専用端末からの入力の場合組合せ品名をホームページでの品番検索や専用端末から品番入力する場合、X以下を入力してください。例)直付XLX830DHNJを 入力する場合直付XLX830DHNJ入力直付は入力不要XLX830DHNJ検索英数字以外で始まる品番が組合せ品名です。3品番・組合せ品名D  …ランプ付の希望小売価格で、ランプが同梱されている器具。C  …ランプ付の希望小売価格ですが、ランプ別梱包の器具。無印 …ランプ別売の希望小売価格です。ランプは別途お求めください。希望小売価格には消費税は含まれておりません。また、希望小売価格には取付工事費および組立費は含まれておりません。(2023年4月1日現在の価格です)5希望小売価格照明器具の点灯方式のことです。4起動方式詳しくはA9頁[演色性とは]基準となる光の見え方の評価。100に近いほど演色性が良いと判断されます。器具に使用されているLED光源の光源色と色温度(K/ケルビン数)、演色性(平均演色評価数Ra値)を表示しています。8光源色(色温度)・平均演色評価数商品により、異なる種類の仕様表示が入る場合があります。9マーク・機能表示詳しくはA8頁商品のグループ分けをマークで表示しています。詳しくはA7頁7商品グループマーク工事店様にお願い「ランプ別売」・「安定器別売」・「ランプ別売・安定器別売」・「電源ユニット別売」・「ダウントランス別売」の表示についてこの表示の商品は、器具にランプが含まれておりません。仕様の末尾に記載されている適合ランプを別途お求めください。この表示の商品は、器具に安定器が含まれておりません。別途お求めください。この表示の商品は、ランプと安定器を別途お求めいただく必要のある器具です。仕様の末尾に記載されている適合ランプとそれに必要な安定器を別途お求めください。この表示の商品は、器具に電源ユニットが含まれておりません。仕様に記載されている適合電源ユニットを別途お求めください。この表示の商品は、器具にダウントランスが含まれておりません。仕様に記載されている適合ダウントランスを別途お求めください。ランプ別売安定器別売ランプ別売・安定器別売電源ユニット別売ダウントランス別売● 原材料事情などにより、納期は上記の原則通りでない器具もあり得ますので、お客様とご相談の上、 できるだけお早めにご注文ください。●材質・仕上・寸法などの仕様につきましては、品質改良、原材料事情などにより、 ご通知せずに一部変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。6在庫区分マーク物流センターでの在庫、工場での在庫など在庫状態をマークで表示しています。E…「常備在庫品」 原則として各地の物流センターに在庫しています。A…「工場在庫品」 原則として当社の工場に在庫。B…「受注品」 ご注文により製作する器具で、2∼5週間の納期をお含みおきください。※エナジーシステム事業部商品については、在庫区分を記載していないものもあります。 表記のない商品に関しては当社電設資材カタログをご確認ください。LEDの色バラツキについて白熱灯や蛍光灯などの一般光源と比較して、白色LEDは色バラツキが大きいのが実情です。そのため、個々のLEDにより色味が異なる場合がありますのでご了承ください。光束値、照度分布、配光について各器具の説明に記載されている光束や照度分布などは参考値であり、その値を保証するものではありません。目安としてお考えください。LED照明器具の発熱についてLEDから発する光には熱線が含まれておりませんが、器具及び電源ユニットは発熱します。そのため、密閉した空間や連接して設置する場合に制約がある品種もありますので、承認図などでの確認をお願いいたします。※蛍光灯照明器具に装着する蛍光ランプの全光束は、蛍光ランプ単体の全光束値に 安定器出力係数及び温度補正係数を乗じて得た数値です。エネルギー消費効率の定義について◎LED照明器具の場合 (一社)日本照明工業会規格に従い、周囲温度25℃に近い状態での 固有エネルギー消費効率の数値を表記しています。LED照明器具の固有エネルギー消費効率(lm/W)=照明器具から放出される初光束(lm)消費電力(W)上記の通り、エネルギー消費効率の算出式が異なるため、LED照明器具の固有エネルギー消費効率と蛍光灯照明器具のエネルギー消費効率の値を、そのまま比較することのないように注意することが必要です。◎蛍光灯照明器具の場合 省エネ法に従い、周囲温度25℃に近い状態でのエネルギー消費効率の数値を 表記しています。蛍光灯照明器具のエネルギー消費効率(lm/W)=蛍光灯照明器具に装着する蛍光ランプの全光束(lm)※消費電力(W)LED照明器具の光源の寿命はLEDモジュールの寿命のことです。JISC8105-3:2011「照明器具ー第3部:性能要求事項通則」の中で、一般照明用途に用いられる白色LEDモジュールの寿命の定義は〝照明器具製造業者が規定する条件で点灯したとき、LEDモジュールが点灯しなくなるまでの総点灯時間または、全光束が点灯初期に計測した値の70%に下がるまでの総点灯時間のいずれか短い時間を推定したもの″と規定されました。(ただし、この定義は表示または装飾の用途には適用しないため、カラーLEDは従来どおり「光束維持率50%」を寿命としている場合もあります。)当社では、JISC8105-3:2011「照明器具ー第3部:性能要求事項通則」に従い、LEDモジュールの寿命を推定しています。なお、これらはあくまで設計寿命であり、この寿命を保証するものではありません。また、LEDモジュールとしての寿命であり、照明器具としての寿命は他の光源を使用した器具の場合と同様の考え方になります。照明器具の点検・交換時期は電気絶縁材料の性能の限界である40000時間です。LEDモジュールの寿命について10光束・消費電力・固有エネルギー消費効率■LED器具LED器具の明るさをランプに例えて表示しています。「固有エネルギー消費効率」は、LED器具に表示されます。「固有エネルギー消費効率」(単位:lm/W:ルーメン・パー・ワット)は、器具に装着したLEDから出る光の量(全光束:lm:ルーメン)を、消費電力(W:ワット)で割った値。つまり、1Wの電力でどれだけの明るさ(全光束)を発生させられるかを表す値です。エネルギー消費効率が大きいほど、貴重な電力を有効に活かした商品といえます。カタログ表示の見方
右ページから抽出された内容
A6■スポットライト配光データLED編テクニカル照明スポットライトアレンジ調色カラーオーダーメイド美光色PiPit調光彩光色SpacePlayerLED編テクニカル照明スポットライトアレンジ調色カラーオーダーメイド美光色PiPit調光彩光色SpacePlayerLED編テクニカル照明スポットライアレンジ調色カラーオーダーメイドPiPit調光美光色彩光色SpacePlayerLED編テクニカル照明スポットライトアレンジ調色カラーオーダーメイド美光色PiPit調光彩光色SpacePlayerLED編テクニカル照明スポットライトアレンジ調色カラーオーダーメイド美光色PiPit調光彩光色SpacePlayerLED編テクニカル照明スポットライトアレンジ調色カラーオーダーメイド美光色PiPit調光彩光色SpacePlayerLED編テクニカル照明スポットライトアレンジ調色カラーオーダーメイド美光色PiPit調光彩光色SpacePlayer配線ダクトについて詳しくは655頁4000K白色NTS05111WRZ1B(3400lm・78.5lm/W)NTS05121WRZ1A(3435lm・79.3lm/W)NTS05131WRZ1A(3580lm・82.6lm/W)3500K温白色NTS05112WRZ1B(3345lm・77.2lm/W)NTS05122WRZ1A(3380lm・78.0lm/W)NTS05132WRZ1A(3525lm・81.4lm/W)3000K電球色NTS05113WRZ1B(3265lm・75.4lm/W)NTS05123WRZ1B(3300lm・76.2lm/W)NTS05133WRZ1A(3440lm・79.4lm/W)費電力43.3W売価格(税抜)42,800円リーズLEDスポットライト/ダウンライト0123mlx3000K3500K4000K93554090234010251040455K0152726899039302245985100043592104025230010051025445φ611φ1223φ1834㎜0123mlx3000K3500K4000K29175140557295351532401560K01523292803513505701033753115150028725138407180346031901540φ317φ634φ950㎜0123mlx3000K3500K4000K470402307011760576552252565K0152328452002216511300554050202465463102271011575568051452525φ228φ456φ684㎜ LEDスポットライトビーム角狭13°[照度角13°]ビーム角中18°[照度角18°]ビーム角広34°[照度角31°]%)ランプ別売光タイプのみ電源ユニット選択電源ユニット選択調光タイプのみイコン別売調光ライコン別売調光ライコン別売調光ライコン別売調光ボリューム内蔵調光ボリューム内蔵調光非調光電源ユニット選択電源ユニット選択調光タイプのみライコン別売調ライコン別売調光ライコン別売調光ボリューム内蔵調光ボリューム内蔵調光非調光500000プレミアS70形ランプ別売調光タイプ調光タイプのみ電源ユニット選択電源ユニット選択調光タイプのみライコン別売調光ライコン別売調光ライコン別売調光ライコン別売調光ボリューム内蔵調光ボリューム内蔵調光非調光調光タイプ電源ユニット選択電源ユニット選択タイプのみイコン別売調光ライコン別売調光ライコン別売調光ボリューム内蔵調光ボリューム内蔵調光非調光90˚φ106150214360°20244重2.3kgランプ別売電源ユニット選択電源ユニット選択タイプのみイコン別売調光ライコン別売調光ライコン別売調光ボリューム内蔵調光ボリューム内蔵調光非調光プランプ別梱ランプ別売トト入力電圧100・200VV調光タイプのみ電源ユニット選択電源ユニット選択調光タイプのみ売光ライコン別売調光ライコン別売調光ライコン別売調光ライコン別売調光ライコン別売調光ボリューム内蔵調光ボリューム内蔵調光非調光※加工対応の納期・価格については別途お問い合わせください。プランプ別売直下近接限度150cm調光タイプ・調光タイプのみ電源ユニット選択電源ユニット選択調光タイプのみ売光ライコン別売調光ライコン別売調光ライコン別売調光ライコン別売調光ボリューム内蔵調光ボリューム内蔵調光非調光※保守率1.0としています。※ビーム角:集光の程度を表すもので中心光度(あるいは最大光度)の1/2の光度になる配光の開き角度のこと。    (狭角形:15°未満 中角形:15°∼30°未満 広角形:30°∼51°未満 拡散形:51°以上)※照度角:集光の程度を表すもので直下水平面照度の1/2の水平面照度になる配光の開き角度のこと。■直射水平面照度分布図横軸に器具からの水平距離、縦軸に器具からの高さ方向の距離をとり、器具のある鉛直断面内の直射水平面照度分布を表しています。※保守率1.0としています。器具を真下に向けた場合の真下の直射水平面照度と、ビーム角で決まるビームの外周の直径とその位置での直射水平面照度を表しています。横軸に器具からの水平距離、縦軸に器具からの高さ方向の距離をとっています。14配光データ器具写真の大きさは、かならずしも同比率になっておりません。表記の寸法をご確認の上、ご注意ください。材質・仕上・寸法につきましては、品質改良、原材料事情などにより、ご通知せずに一部仕様を変更する場合もありますので、あらかじめご了承ください。質量…重⃝.⃝kgで表示11材質・仕上・寸法・質量器具を取り付けるための取付図や埋込穴、各種マークなどを表示しています。45342(60)5332040045012寸法図/取付図13埋込穴寸法一般の埋込穴寸法表示。埋込穴φ150既設の埋込穴に対応した器具の埋込穴寸法表示。ビーム角照度角中心光度の1/2光度中心光度の1/2光度中心光度直下水平面照度の1/2の水平面照度直下水平面照度の1/2の水平面照度直下水平面照度ここ数年の間にLED光源、LED照明器具の進出ぶりは目覚ましく、照明設計の現場において「保守率」の算定に苦慮していることを受け、平成25年10月1日に照明学会より次の技術指針が発行されました。下記の技術指針に基づくLEDの「保守率」を採用しています。LED照明器具の標準保守率の改訂について[保守率とは]光源の明るさは、点灯時間とともに低下します。また、照明器具の汚れによっても明るさは低下します。このように時間の経過に伴って暗くなる分をあらかじめ見込んでおく係数を保守率といい、下式で表されます。M=Ml×MdM:保守率 Ml:光源の設計光束維持率Md:照明器具の設計光束維持率(汚れによる低下分)蛍光ランプなど従来の光源については、照明学会の技術指針(JIEG-001(2005))にて、MdとMl、また標準的な保守率が定められていましたが、LEDの規定はなく、便宜的に従来光源と同じMdにて計算していました(Mlは寿命末期の光束維持率にて規定)。今回の増補版においてLEDのMdについて定められ、それに伴いLED照明器具の保守率が向上することとなりました(Mlについては規定されず、寿命試験の結果による。寿命試験を実施していないものはMl=0.7と仮定)。従来光源の照明器具とほぼ同じ構造とみなすことができるので、技術指針JIEG-001(2005)の器具種類・種別を適用して設計光束維持率を求めます。ただし、LEDランプは上方光束が少なく、相対的に汚れの影響を受けにくいと考えられることから一部の器具種類についてカテゴリーが変更されMdが向上しています。(下表参照)一体形LED照明器具については構造により以下の器具種類、種別に分類されています。(下表参照)技術指針JIEG-001(2005)照明器具の種類周囲環境露出形下面開放形簡易密閉形(下面カバー付)完全密閉形屋内屋外屋内屋外屋内屋外屋内屋外(HID)(白熱電球系)(電球形蛍光ランプ)(蛍光ランプ)(白熱電球系)(蛍光ランプ)(電球形蛍光ランプ)(HID)良いA(0.98)C(0.90)A(0.98)C(0.90)C(0.90)D(0.85)D(0.85)C(0.90)B(0.95)B(0.95)普通B(0.95)D(0.85)B(0.95)D(0.85)D(0.85)E(0.80)E(0.80)D(0.85)C(0.90)C(0.90)悪いC(0.90)F(0.75)C(0.90)F(0.75)F(0.75)F(0.75)F(0.75)E(0.80)D(0.85)D(0.85)LED対応増補版 照明器具の種類周囲環境露出形下面開放形簡易密閉形(下面カバー付)完全密閉形屋内屋外屋内屋外屋内屋外屋内屋外電球形LEDランプ直管形LEDランプ電球形LEDランプ直管形LEDランプ良いA(0.98)B(0.95)C(0.90)A(0.98)普通B(0.95)C(0.90)D(0.85)B(0.95)悪いC(0.90)E(0.80)E(0.80)C(0.90)※( )内の数字は清掃間隔1年の場合の設計光束維持率LED対応増補版照明器具の種類周囲環境露出形下面開放形(下面粗いルーバ)簡易密閉形(下面ルーバ付、下面カバー付)完全密閉形(パッキン付)本体照明器具本体LEDモジュール天井面天井面下面に粗いルーバが有る天井面天井面天井面天井面天井面容易に着脱できない前面カバーパネル前面のカバーが着脱可能パッキンまたはフィルタを使用し、気密性を確保LEDモジュールLEDモジュールの前面カバーと天井面が同じ高さ本体、LEDモジュール、前面カバーが分離しない一体形LEDモジュールの前面カバーと天井面に高さの差があり側壁に反射した光が器具から出て行く構造良いA(0.98)B(0.95)C(0.90)A(0.98)普通B(0.95)C(0.90)D(0.85)B(0.95)悪いC(0.90)E(0.80)E(0.80)C(0.90)「照明設計の保守率と保守計画第3版−LED対応増補版−」照明学会・技術指針JIEG-001(2013)分離形LED照明器具の設計光束維持率(Md)の設定一体形LED照明器具の設計光束維持率(Md)の設定カタログ表示の見方

このページのトップへ

VAソリューションカタログ
WEBカタログをiPad・iPhoneで見る方法
WEBカタログをAndroidで見る方法