ここから本文です。

施設・屋外・店舗照明総合カタログ 2023 831-832(860-861)

概要

  1. テクニカル照明
  2. 自動車ショウルーム向けLED照明器具
  1. 831
  2. 832

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
831自動車ショウルーム向けLED照明器具テクニカル照明スポットライトアレンジ調色ユニバーサルダウンライトダウンライトダクトレール用器具軒下用シーリングライトベースペンダント美光色用途・市場別照明器具装飾照明彩光色サイン・看板別売部品映像・音・空気LEDダウン&スポット詳しくは615頁配光調整機能付LEDユニバーサルダウンライト詳しくは607頁LEDシステムライト詳しくは612頁(□100)・   617頁(□125)部位別おすすめ照明器具展示コーナー・ラウンジ・商談コーナー・キッズコーナーLEDダウンライト高Wコンパクト・美光色タイプファサードスポットライト型プロジェクター詳しくは551頁詳しくは551頁シームレス建築部材照明器具C-Slim/C-SlimS詳しくは339・347頁演出照明配光調整機能付LEDスポットライト詳しくは601頁屋外展示コーナー・駐車場LEDモールライト駐車場用詳しくは906頁トイレ・授乳室LEDシンプルセルコンひとセンサダウンライト詳しくは767頁高演色LEDミラーライト詳しくは811頁キャノピー軒下用LEDダウンライト詳しくは790頁一体型LEDベースライトiDシリーズ詳しくは46頁整備工場・事務室アレンジ調色LED照明詳しくは563頁色温度・明るさを個別に制御して様々なシーンを演出照明器具1台ごとに色温度と明るさをコントロール。思いのままの空間演出が可能に。照明制御範囲変更時に必要な配線工事を行うことなく、レイアウト変更が可能です。高演色肌の色は美しく、モノの色は自然に引き立てます。照明の発想から生まれた、機能とデザイン。いつもの空間をスマートにサプライズLED建築部材照明詳しくは568頁LEDダウンライト詳しくは568頁※11500形加工品φ150(品番:PC001図番:T4CB12334-K1)については別途お問い合わせください。※1JISZ9112の高演色形クラスについて詳しくは66頁JISZ9112の高演色クラス:高演色形/クラス2スポットライト型ナノイーX発生機詳しくは561頁詳しくは547頁ダウンライト型プロジェクターもご用意木漏れ日滝水面(みなも)自然をモチーフとしたコンテンツ搭載
右ページから抽出された内容
832自動車ショウルーム向けLED照明器具■ショウウィンドウのミラー現象を防止昼間、ショウウィンドウへの外景の映り込みは、展示車を見えにくくし集客に影響を及ぼす可能性があります。このミラー現象は奥壁・展示車の鉛直面の輝度を外景の10%以上にすることである程度防止できます。20%を最低の目安にすればよいでしょう。スポットライトかダウンライトを展示車の手前に設置し、鉛直面を照射することがポイントです。ダウンライト反射板の輝度が7,000cd/㎡以上あれば店舗営業していると分かります。外景の輝度Loウィンドウ内の陳列輝度Liガラスに映った反射像Lo'=rLo向かい側の景色太陽直接太陽光Li'=tLiウィンドウガラス(反射率r透過率t)ショウウィンドウにおけるディスプレイが外景の反射像に妨げられないで見えるためには、ガラスの反射率(r)陳列品の輝度(Li)≧────────×外景輝度(Lo)ガラスの透過率(t)の関係が成り立つことが最低の条件です。通常5㎜厚程度の透明ガラス面に垂直に光が入射するときには、r=0.08 t=0.9ぐらいですから、(1)式は0.08Li≧───×Lo  Li≧0.1×Lo…(2)0.9〔図1〕外景の輝度Loウィンドウ内の陳列輝度Liガラスに映った反射像Lo'=rLo向かい側の景色太陽直接太陽光Li'=tLiウィンドウガラス(反射率r透過率t)ショウウィンドウにおけるディスプレイが外景の反射像に妨げられないで見えるためには、の反射(r陳列品の輝度(Li)≧────────×外景輝度(Lo)ガラスの透過率(t)の関係が成り立つことが最低の条件です。通常5㎜厚程度の透明ガラス面に垂直に光が入射するときには、r=0.08 t=0.9ぐらいですから、(1)式は.08Li≧───×Lo  Li≧0.1×Lo…(2)0.9〔図1〕室内が暗く外景がガラスに映り込んだ例室内を明るく輝度を上げ、外景の映り込みを軽減させた例●11,000K  青い空  ●7,000K 雲天の空●6,500K日中の北窓光●2,350Kアセチレンの炎●2,160K ガスの炎●1,920Kローソクの炎平均正午の太陽光午前9時午後3時日の出後日の出後日没前1時間日の出後・日没前30分日没2時間満月10,000K7,000K6,000K5,000K4,000K3,000K2,000Kボディカラー暖色系カラー■レッド■イエローニュートラルカラー■ホワイト■シルバー■ブラック■グレー寒色系カラー■ブルー■グリーン■ボディカラーに適した色温度の設定ボディカラーを美しく表現するには、色温度への配慮が必要です。例えば赤味成分が多い3,000Kで赤味系のボディを照射すれば4,000Kよりも鮮やかに見えます。ニュートラルなカラー(白、グレー、黒)の場合は4,000Kで色彩の印象が良くなるとされています。5000K(○)6000K(△)3000K(△)4000K(◎)■ホワイト色車を色温度別で照射した場合■ボディーカラーごとにおすすめする色温度領域自動車ショウルームの照明設計ポイント■ボディへの映り込みと高級感を演出車の高級感は映り込む照明により大きく変わります。直管蛍光灯では縞模様に見え雰囲気を損ないますが、高輝度なLED照明であれば点状の輝きとして高級感を引き立てます。さらにボディ色も認識しやすくなり、指向性が強い光がボディライン、立体感を強調する効果もあります。ボディボンネット光源の映り込み直管蛍光灯が映り込んだ例LED照明が映り込んだ例〈展示車への光の当て方ポイント例〉(展示車1台につき、6方向から照射する場合)ポイント1:HID70形器具相当のLEDスポットライト(狭角配光=重点照明)にて、展示車の演出を行います。ポイント2:展示車のヘッドランプ、テールランプ部をしっかり照らす。ポイント3:HID1500形∼550形器具相当のLEDダウンライト(広角配光=ベース照明)は、基本的に直下向きで照らす。図上❶∼❻の番号は、重点照明における照射優先順位を示します。❶❷ヘッドランプ>❸❹テールランプ>❺❻車体側面❶❷❸❹❺❻(場合により❺)(場合により❻)屋外側屋内側ショウルームガラス面↓■店舗営業していると分かる輝度を明確化ダウンライト反射板の輝度が低い店舗ダウンライト反射板の輝度が高い店舗それぞれの自動車ショウルームに最適な照明設計でご提案、サポートします。テクニカル照明スポットライトアレンジ調色ユニバーサルダウンライトダウンライトダクトレール用器具軒下用シーリングライトベースペンダント美光色彩光色用途・市場別照明器具別売部品装飾照明サイン・看板映像・音・空気

このページのトップへ

VAソリューションカタログ
WEBカタログをiPad・iPhoneで見る方法
WEBカタログをAndroidで見る方法