ここから本文です。

施設・屋外・店舗照明総合カタログ 2023 73-74(102-103)

概要

  1. ベース照明
  2. 一体型LEDベースライト iDシリーズ リニューアル専用器具本体
  1. 73
  2. 74

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
73iDシリーズグレアセーブベース照明sBシリーズiDシリーズiDシリーズリニューアル専用器具本体ベース照明おすすめiDシリーズ40形iDシリーズ110形iDシリーズ20形スクエアシリーズスクエア光源タイプスクエアシリーズセルコンシリーズ直管ランプ搭載ベースライト器具用オプション一体型LEDベースライトiDシリーズリニューアル専用器具本体iDシリーズベース照明の留意点について36頁施工性にこだわったリニューアル専用タイプラインアップ追加吊りボルトの調整不要配線スペースが拡大埋込型100mmiDシリーズリニューアル専用器具本体蛍光灯器具現行iDシリーズ54mm直付型50mmiDシリーズリニューアル専用器具本体蛍光灯器具現行iDシリーズ30mm 学校の照明リニューアルは学生の施設利用に影響を与えないよう、少しでも短い工期でのリニューアルが求められます。今回も図書館という学生が頻繁に使うエリアということもあり、リニューアル専用器具の施工性の良さを実機でご確認いただき、取り付けの速さという点を評価いただき採用となりました。施設を使用できない期間が短くなったことで学生の負担も減り、LEDによって明るく、省エネ性の高い空間が完成したと、ご満足いただきました。 施工を担当された工事店様からは、「リニューアル専用器具の配線の取り回しの良さを社員で共有することができ、今後もさまざまなお施主様に提案していきたい」とのご感想をいただきました。既設の取付ボルトがそのまま使えるリニューアル専用器具で工期の短縮を実現今まで使用していた蛍光灯の老朽化に伴い校内が暗くなり、また電気代の削減も課題だったためLED照明へのリニューアルを実施されました。明るさ、省エネ性、施工性をトータルで検討され、適材適所に多彩なLED照明器具を導入いただき、図書館には学生の勉学を妨げないよう、短工期での完了が望まれるため施工性の高いリニューアル専用器具を採用いただきました。短工期が求められる現場に、リニューアル専用器具を採用。滋賀大学様納入事例滋賀県彦根市DスタイルW230iスタイル※※W220、W300の場合。 W150、W190は95mmとなります。
右ページから抽出された内容
74ベース照明sBシリーズiDシリーズリニューアル専用器具本体iDシリーズiDシリーズグレアセーブベース照明おすすめiDシリーズ40形iDシリーズ110形iDシリーズ20形スクエアシリーズスクエア光源タイプスクエアシリーズセルコンシリーズ直管ランプ搭載ベースライト器具用オプション既設配線がそのまま使用可能に。ライトバーの収まりも向上しました。配線スペースが大きくなり施工性が向上配線スペース電源ボックスiDシリーズDスタイルW230 配線スペース電源ボックスiDシリーズリニューアル専用器具本体DスタイルW230※配線の安全確認については別途実施ください。配線の処理が大変iDシリーズは薄型のため配線スペースが小さく器具内での送り配線が困難な場合がありました。配線お困りごと2既設蛍光灯器具iDシリーズ蛍光灯からのリニューアルを考慮した寸法設定で吊りボルトがそのまま使用可能[ボルト長不足を解消]ボルトの継ぎ足し・交換が必要幅方向は現行商品と同等幅方向は現行商品と同等既設蛍光灯器具iDシリーズiDシリーズリニューアル専用器具本体iDシリーズリニューアル専用器具本体ボルトカットが必要30mm54mm50mm100mm既存ボルト出代40mmをカバー既存のボリュームゾーンをカバー[ボルト長超過を解消]直付型埋込型吊りボルトの調整が大変iDシリーズは薄型のため、蛍光灯器具からのリニューアルでボルト吊りで施工する際、ボルトの長さ調整が必要でした。既設の吊りボルトがそのまま利用できるから、ボルト処理にかかる時間を大幅に削減。吊りボルトお困りごと1吊りボルトカット直付型の場合吊りボルト継ぎ足し埋込型の場合1リニューアル施工時のお困りごとを解消天井裏で分岐対応直付型の場合器具内での収納が困難レースウェイ取付の場合※1※1W220、W300の場合。W150、W190は95mmとなります。BeforeAfter スポットライト設置例※照明器具は別売661頁既設のベースライトを置き換えることで、配線ダクト空間へ簡単リニューアル。イージーアップ配線ダクト一体型LEDべースライトiDシリーズリニューアル専用器具本体

このページのトップへ

VAソリューションカタログ
WEBカタログをiPad・iPhoneで見る方法
WEBカタログをAndroidで見る方法