ここから本文です。

施設・屋外・店舗照明総合カタログ 2023 75-76(104-105)

概要

  1. ベース照明
  2. 一体型LEDベースライト iDシリーズ リニューアル専用器具本体
  3. ベース照明
  4. 一体型LEDベースライト iDシリーズ グレアセーブライトバー
  1. 75
  2. 76

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
75iDシリーズグレアセーブベース照明sBシリーズiDシリーズiDシリーズリニューアル専用器具本体ベース照明おすすめiDシリーズ40形iDシリーズ110形iDシリーズ20形スクエアシリーズスクエア光源タイプスクエアシリーズセルコンシリーズ直管ランプ搭載ベースライト器具用オプション2 3…先端技術・優れたデザイン性などを持ち合わせた商品群です。28…省エネ・デザイン性・配光制御など様々なご要望にお応えできる商品群です。2 7…長寿命・省電力のLEDを主照明にした、高品質、快適性、先進性を備えた商品群です。商品ラインアップ3直付型40形下面開放型W150下面開放型W190下面開放型W220下面開放型W300本体品番NNLK41315NNLK41319NNLK42322NNLK42330連結用器具本体品番左用NNLK41318NNLK41322NNLK42325NNLK42333中用NNLK41316NNLK41320NNLK42323NNLK42331右用NNLK41317NNLK41321NNLK42324NNLK42332希望小売価格(税抜)11,400円12,000円12,100円13,000円既設天井開口寸法W150×1235W190×1257W220×1235W300×1257下面開放型W150下面開放型W190下面開放型W220下面開放型W300本体品番NNLK21315NNLK21319NNLK22322NNLK22330希望小売価格(税抜)11,100円11,700円11,800円12,700円既設天井開口寸法W150×617W190×639W220×617W300×639埋込型40形埋込型20形※器具高さにより取付ボルトの調整が必要になる場合がございます。*当社社内実験(社外の電気工事士様による施工時間の平均値)による結果です。条件は下記参照ください。施工条件既設器具ボルト出代40㎜の場合(現行商品はボルトカットが必要なケースを想定)●設置台数:1台 ●電源線VVF1.6㎜‐3 ●入力、送りあり●器具内送りなし ●天井高さ2.75m直付型※iDシリーズ40形DスタイルW230(直付XLX450DENPLE9)と、iDシリーズ40形リニューアル専用器具本体DスタイルW230(直付XLX459DENLE9)の比較。※iDシリーズ40形下面開放型W300(埋込XLX450VENTLE9)と、iDシリーズ40形リニューアル専用器具本体下面開放型W300(埋込XLX459VENLE9)の比較。施工条件既設器具ボルト引き込み天井面より65㎜の場合(現行商品はボルト延長が必要なケースを想定)●設置台数:1台 ●電源線VVF1.6㎜‐3 ●入力、送りあり●器具内送りなし ●天井高さ2.75m埋込型施工実験により、施工時間のスピードアップが実証されました。2施工時間が短縮一体型LEDべースライトiDシリーズリニューアル専用器具本体4分42秒iDシリーズDスタイルW230一般タイプiDシリーズリニューアル専用器具本体DスタイルW230リニューアルタイプ3分24秒iDシリーズ下面開放型W300一般タイプiDシリーズリニューアル専用器具本体下面開放型W300リニューアルタイプ7分41秒3分27秒約55%短縮約28%短縮DスタイルW230反射笠付型iスタイル本体品番NNLK42123NNLK41117NNLK41109希望小売価格(税抜)4,900円5,100円4,600円既設器具タイプ富士型2灯反射笠付型笠なし99頁※非常用照明器具タイプ486頁103頁※非常用照明器具タイプ486頁107頁※非常用照明器具タイプ486頁119頁※非常用照明器具タイプ487頁190頁123頁※非常用照明器具タイプ487頁192頁※非常用照明器具タイプ487頁127頁※非常用照明器具タイプ488頁194頁131頁※非常用照明器具タイプ488頁196頁※非常用照明器具タイプ488頁
右ページから抽出された内容
76ベース照明sBシリーズiDシリーズリニューアル専用器具本体iDシリーズiDシリーズグレアセーブベース照明おすすめiDシリーズ40形iDシリーズ110形iDシリーズ20形スクエアシリーズスクエア光源タイプスクエアシリーズセルコンシリーズ直管ランプ搭載ベースライト器具用オプション 「多様化と流動化を牽引するヘッドクオーターオフィス」として2018年4月、PanasonicDesignの家電分野を担当しているアプライアンス社デザインセンターは、大阪と滋賀に分散していた拠点を京都に集結し、「PanasonicDesignKyoto」として始動しました。 6F・7Fのオフィスフロアは、フリーアドレススタイルで、開放感のある空間とまぶしさに配慮した照明設計が求められました。iDシリーズ直付型iスタイルとグレアセーブマルチコンフォートタイプライトバーとの組み合わせにより、スタイリッシュでまぶしさを考慮した照明空間を実現しています。グレアセーブライトバーマルチコンフォートタイプiスタイルベース照明の留意点について36頁iDシリーズ一般的なルーバ付器具グレア分類G1aグレアセーブライトバー/マルチコンフォートタイプグレア分類G1a高効率・省電力同等のグレア分類iDシリーズのライトバーにまぶしさ抑制機能をプラス。PanasonicDesignKyoto納入事例京都府京都市グレアセーブライトバーでまぶしさを考慮し、色温度4000Kに統一した開放感のあるオフィスへ。ルーバ無しでも、プリズムパネルでまぶしさ抑制。一体型LEDベースライトiDシリーズグレアセーブライトバー

このページのトップへ

VAソリューションカタログ
WEBカタログをiPad・iPhoneで見る方法
WEBカタログをAndroidで見る方法