ここから本文です。

住宅照明あかり選びブック すまいのあかり 2023 11-12(12-13)

概要

  1. あかり選びのポイント
  2. ダクト/個室
  3. あかり選びのポイント
  4. 寝室 / 和室
  1. 11
  2. 12

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
DuctPrivateroomダクトレールは、スポットライトやペンダントなどの照明器具を取り付けられるレール状の配線器具。あかりを、取り替えたり、動かしたり、増やすことが簡単にでき、ライフスタイルに合わせたあかり空間を自由にコーディネイトできます。※ダクトタイプのスポットライト、ペンダントなどが取り付けできます。※取り付けできるあかりの重さや負荷容量などの制限があります。※設置には電気工事が必要です。書斎や子供部屋だったりする個室には、勉強・読書やパソコンなどに適したあかり選びがポイント。プライベートなくつろぎを演出できるアイテムもおすすめです。ダクト個室小さなお部屋ではあかりのサイズも気になるもの。コンパクトでしっかり照らせる主照明を選びましょう。手元のあかりは、パソコン作業と読書の各々に適した光色に切り替えられるスタンドを。在宅ワークや学習に活躍します。パソコンのあかり読書のあかりたとえば音楽を聴きながら、静かな雰囲気に浸る。そんな時は低い位置のやさしい間接光がリラックス感を高めます。コンパクトなあかりでしっかり明るく目的に合わせた光色の切り替えで、在宅ワークが快適にくつろぎの時間をあかりで演出>>P.56あかり選びのポイント:ダクト/個室/寝室/和室あかりを[取り替える]あかりを[動かす]あかりを[増やす]用途に合わせてお好きなあかりへ気軽に取り替え。家具の位置変更に合わせてあかりも移動。ライフスタイルの変化に合わせてあかりを追加。11
右ページから抽出された内容
BedroomJapanesestyleただ寝るだけでなく、一日の始まりと終わりを豊かにする環境として。寝室で過ごす時間の快適性を追求すると、ライフスタイルはより豊かになります。伝統的な和室の佇まいを残しつつ、快適さを取り入れたモダンな和のスタイルの実現にもあかりは大きな役割を果たします。寝室和室ベッドから直接光が目に入らないようにあかりを配置。枕元は天井を照らし上げるブラケットを、足元には光源が視界に入りにくいダウンライトをセレクト。建築化照明とダウンライトの組み合わせで上質な和の空間を実現します。ペンダントを使用し、ベッドサイドのテーブルを照らすと、就寝前の読書などに必要な明るさと落ち着いた雰囲気が得られます。和の趣のある素材、デザインが空間に調和をもたらします。来客時のおもてなしのあかりとしても効果的です。寝室のシーリングライトにはタイマー連動がおすすめ。起床と就寝のどちらも心地よくサポートします。数寄屋、書院、民芸とさまざまな和室のしつらえにあわせて、シーリングライトやペンダントを選びましょう。まぶしさに配慮してくつろぎの雰囲気を間接光で上質感とくつろぎ感をプラス手元のあかりで明るさとおしゃれな雰囲気をプラスこだわりのデザインで和の風情を高める眠りも目覚めもあかりがサポート主照明は和室の様式に合わせて>>P.45>>P.46あかり選びのポイントリビング・ダイニングダクト個室寝室和室キッチン洗面・トイレ移動空間エクステリア12

このページのトップへ

VAソリューションカタログ
WEBカタログをiPad・iPhoneで見る方法
WEBカタログをAndroidで見る方法