ここから本文です。

照明・電気設備オフィスリニューアル 提案パンフ 9-10(10-11)

概要

  1. 脱炭素 背景
  1. 9
  2. 10

このページのトップへ

このページに含まれるテキストデータ(PDFから抽出された内容)

左ページから抽出された内容
脱炭素|背景|最新のLED照明とエネルギーの見える化で、脱炭素社会の実現に貢献します。節電&省エネ対策は待ったなしの危機に直面しています。電気料金は今後も上がり続ける高騰の傾向が。消費電力を抑える必要があります。電力供給が逼迫し、政府から節電要請が出ると、就業時間の短縮などビジネスにも影響が。日頃から節電に取り組み、危機を回避しましょう。円安や世界情勢の影響を受け、電気代が高騰政府が「冬の節電要請」を7年ぶりに実施(2022年12月∼2023年3月)夏に続き冬季も省エネ・節電要請※法人・家庭の電気料金の平均単価の推移(特高・高圧・低圧別)(新電力ネット)21/0521/0721/0921/1122/0122/0322/0522/0722/0922/1123/0123/02円/kWh年/月電力高圧特別高圧電灯15202530354010資源エネルギー庁からの要請「電気・ガス価格激変緩和対策」令和4年度第2次補正予算約3.1兆円 2023年1月∼9月
右ページから抽出された内容
夏照明24%空調48%OA機器16%エレベーター5%その他7%照明33%空調28%OA機器21%冬エレベーター5%冷蔵庫1%その他10%節電には照明が貢献しやすい。省エネ対策の第一歩はエネルギーの使用量を把握することから。省エネに最も取り組みやすいのが照明器具。照明の電力を抑えることが節電への近道です。■一般的なオフィスビルにおける用途別電力消費比率現状を「はかる」、原因を「みつける」、設備を「みなおす」、そして「ひろげる」。エネルギーの使用状況を把握し、問題点を発見することが、エネルギーコストの削減につながり、企業の健全な経営維持に貢献します。出典:経済産業省節電メニュー 資源エネルギー庁推計照明の電力使用量を減らすしかない!使用しないと仕事にならないのはガマン暑いのはできないし…き冬は電力使用量がもっとも多いのが照明!小規模中規模大規模SDメモリーカードで運用初期導入に適したエネルギー管理ソフト(電力管理名人S)で運用帳票作成、多彩な編集作業が容易にできるLAN対応ユニットとエネルギー管理ソフト()で運用イントラネットを経由し、多拠点の計測データを一括で管理できる・SDメモリーカードにエネルギー計測データを収集・収集したデータを、ダウンロードした無償の簡易ツールで簡単グラフ化・LAN対応ユニットで収集したデータをPCで「見える化」、ディスプレイで「見せる化」。・統合管理ソフトαには、ロケーション表示、各種帳票・グラフ機能等豊富な編集機能を搭載。※統合管理ソフトαはLAN対応ユニットを最大3台接続可能。 4台以上の場合はeneviewをご使用ください。・多回路エネルギーモニタで計測したデータをRS-485通信で集中管理・運用。・帳票作成や多彩な編集作業を容易に実行統合管理ソフトαまたはeneview無償簡易ツール統合管理ソフトα電力管理名人S

このページのトップへ

VAソリューションカタログ
WEBカタログをiPad・iPhoneで見る方法
WEBカタログをAndroidで見る方法